FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
天ちゃんと雪ちゃんとの出会い♪
2006年6月に天ちゃんと雪ちゃんは我が家にやって来てくれました。
その日、デジタル一眼レフの下見に行って、
カタログをたくさんもらっての帰り道、
トイレットペーパーがないことを思い出し、ホームセンターによりました。
トイレットペーパーだけ買って帰ってくるはずでしたが、
ここのホームセンターはペットショップが充実しているので、
久しぶりに小鳥さんたちでも見ていこうかなと、
フラッとペットコーナーに立ち寄ったのでした。

うちはマメルリハがいるので、
目が行くのはやはりインコ・オウム系です。
マメちゃんもいて、かわいいわ~♪なんて眺めていたら、
一番下の段のカゴの中にいた文鳥4羽に、ふと目が留まりました。
フィンチ系なので、動きも軽やか、
ハッピーのようにドタドタと2足歩行するインコ系の鳥と違い、
チョンチョンと小刻みにジャンプして移動するのが、とてもカワイく懐かしいです。
ドタドタの2足歩行も、それはそれでもちろんカワイイのですが

かごの中の4羽は白文鳥1羽と桜文鳥3羽でしたが、
そのうちの白と桜の1羽のそれぞれの美しさと、
仲の良さに目が釘付けになりました。
特にさくら文鳥の黒からグレー、うす茶色へと変化する
グラデーションは見事です。
見ていて気持ちのよいほどすっきりとした印象で、
「うわぁ・・・」としゃがみこんでずーっと見とれてしまいました。
そして仲むつまじい姿が何とも微笑ましい・・・^^

店員さんの話によると、この2羽はオス同士なのだそうです。
それぞれツガイだったのだけど、両方ともメスだけ
売れてしまったそうです。
同じカゴに入っていた残りの2羽はつがいなので、
寂しさを紛らわすためにこんなに仲良くなったのでしょうねと
言っていました。
手乗りではないのですが、
手乗りで私にベッタリ、いい意味でワガママで自己主張の強いハッピーとは
まったく違うタイプで、凛とした印象です。

名前は天ちゃんと雪ちゃんとつけました。
もちろん、雪のように真っ白いほうが雪ちゃんですね
「天」と「雪」は私にとってとても思い入れのある出来事にちなんでの言葉です。
私が文鳥に目が行くきっかけとなった出来事と言ってもいいでしょう。

興味津々のハッピーに、カゴの外側にベッタリと張り付かれて
ビクビクしながらも、新しい環境に少しずつ慣れてくれました。
新しい子をお迎えしたときは、先住者のケアも大切ですものね。
なのでこのときは、いつもにもまして、ハッピーをメチャメチャかわいがりましたです。

天ちゃん、雪ちゃん、
にぎやかな鳥がいてビックリしたでしょうが、
お友だちになってあげてね。
どうぞよろしくお願いします


天ちゃんと雪ちゃんがやってきた日の記念写真です

080613_2108~0002


スレッドテーマ [ ペット … 小鳥大好き ]
01/24 22:25 | 天ちゃん雪ちゃん | CM:2
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 やっぷ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。